朝日館について

明治14年創業の朝日館は「行者宿」。古くより、大峰山から降りてきた修験者の方々が、精進明けをする場でした。現在も、山村の原風景を堪能できる宿として登山客にも愛されています。

名物/料理

山菜料理や、春秋はあまご、夏は鮎、冬はジビエを中心に、地元の食材を使った季節のお料理をご用意します。先代の味を受け継ぐ柚子羊羹は、うずら豆を使いかまどで練り上げて作ります。

宿泊プラン

二間つづきの個室のお部屋でゆっくりとくつろいでいただけます。深めのお風呂には、山の水を焚いたたっぷりのお湯をご用意。まるで天然の化粧水のような湯ざわりに全身を包んでください。

アクセス

山間を鮮やかに流れる吉野川を上流へと上ってゆくと、当館が構える柏木集落にたどり着きます。公共交通機関をお使いの場合は、少々不便になりますので、事前にお問合せくださいませ。

お問合せ・ご予約